予防するためのポイントについて解説

main_top_over_navi

予防するためのポイント

身体が冷えることで血行が悪くなってしまい、関節水腫による痛みが発生します。特に季節の変わり目には予防が必要です。

身体を温めることが大切ですが、暖房器具などで外側から温めるよりも、身体の内側から温めることでより効果を発揮します。

湿布による予防方法

膝関節を温めるには温湿布が良いでしょう。膝関節に温湿布で温めることで血行が促進されて、痛みを予防することが出来ます。

温湿布は痒みやかぶれを起こすこともあるので、長時間の仕様には注意をしてください。カイロでも同様の効果を得ることが出来ますが、低温ヤケドの可能性もあるので控えたほうが良いでしょう。

膝関節に熱があるときには冷湿布でも良いですが、血行不良の原因になることもあります。

入浴剤で身体を温める

身体の血行を促進させるには入浴が非常に効果的です。足浴などでも血行不良を予防することが出来ます。

入浴剤

入浴剤を入れることでさらに効果を高めることが出来ます。特に季節の変わり目は身体が冷えやすいので、入浴剤を使用しましょう。

食事による予防方法

関節水腫を予防するには、身体を温める効果のある野菜が良いでしょう。そして、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂取することが大切です。

また、ヒアルロン酸やグルコサミンなどのサプリメントもありますが、これらはプラシーボ効果であると言われています。

鎮痛剤で痛みを抑えることも出来ますが、そのまま使用していると膝関節に無理をかけてしまい、軟骨がすり減ってしまいます。内蔵にも影響を与えてしまうので、注意して使用してください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 関節水腫の治療ナビ All Rights Reserved.