軽減させるリハビリについて解説

main_top_over_navi

軽減させるリハビリ

リハビリを行うことで関節水腫の痛みを軽減させ、進行を予防することが出来ます。

関節や筋肉を使わずにいると、関節や筋肉が固まってしまい症状を悪化させてしまいます。そして関節を保護しながらのリハビリが大切になります。

リハビリを通して、痛みを起こさない関節の使い方を身に付けましょう。

膝の柔軟性を高めるリハビリ

リハビリによって膝の柔軟性を高めることで、水のたまりを軽減することが可能です。

まずは片方ずつ足の踵をお尻に付くように曲げていきます。続いて足を伸ばして座り、つま先を自分の方に引っ張って膝の筋を伸ばします。

リハビリをする男性

このリハビリを繰り返すことで膝の柔軟性を高めることが出来ます。

ウォーキングによるリハビリ

関節水腫の痛みがそれほどでもない場合は、ウォーキングによるリハビリを行いましょう。

ウォーキングによって太ももの筋肉が鍛えられ、関節水腫を軽減させることができます。万歩計を付けて1日に8,000歩から10,000歩を目安にすると良いでしょう。

ただし、痛みが酷くて歩けない場合は無理をしてはいけません。また、体重が重い方はウォーキングによって関節水腫を悪化させることがあるので、注意をしてください。

太ももの筋肉を鍛える方法として、イスに座って膝下が床と平行になるようにつま先を持ち上げ、数秒間キープするリハビリもあります。

理学療法士にアドバイスをもらう

何よりも専門家である理学療法士から適切なアドバイスをもらってください。適切な方法を実施することで、リハビリ期間を短縮させることが出来ます。

そしてリハビリを通して、自分の身体の特徴や癖を知っておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 関節水腫の治療ナビ All Rights Reserved.