検査・診断はX線写真について解説

main_top_over_navi

検査・診断はX線写真

関節水腫の検査や診断をするには、視診や触診もありますが、主にX線写真が使用されます。膝関節は皮膚から近い場所にあるので、X線写真を使用することで痛みや炎症を起こしている場所を特定出来るのです。

主にX線写真で「膝関節の骨が欠けているか」、「膝関節の軟骨がどの程度すり減っているか」などで判断をします。

検査・診断の流れ

関節水腫の疑いがある場合、整形外科で診察を行います。正しい診断をしてもらい、適切な治療をしましょう。

医師と看護師

まずは問診があります。ここで過去のケガや激しいスポーツの経験などを伝えてください。

続いて視診があり、膝の状態や形、歩く姿などを診ます。

そして触診で熱があるか、圧迫することで痛みはあるか、膝関節の可動域はどうなっているか、関節から異音がしないか、膝関節に安定性があるか、などを調べます。

この触診は非常に重要で、熱や圧迫したときの痛みなどで関節水腫かどうか診断することが出来ます。

最後にX線写真撮影を行います。

X線写真での検査・診断

関節水腫はX線写真で検査・診断を行います。

骨はX線を通しにくいので白く写り、筋肉はX線を通しやすいので黒く写ります。軟骨もX線を通すので黒く写るので見えませんが、軟骨がすり減っていると骨と骨の隙間が狭くなるので、そこで判断をします。

X線写真は膝関節を曲げた状態、伸ばした状態、正面、側面などから撮影をします。関節水腫は早めの検査・診断が大切です。

そのまま痛みを我慢していると、歩行困難などを発症することもあるので、少しでも疑いがあったら整形外科へ行きましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 関節水腫の治療ナビ All Rights Reserved.